プロパンガスの単価(立米あたりの料金)を計算してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、皆さんはプロパンガスの料金が少しでも安くなったらいいなと、このようのお考えかと思いますが、

 

安い、高い、の判断をするためにも、
いまお使いの プロパンガス料金の内訳 を知っておくといいと思います。

 

 

おもにプロパンガスは、 基本料金従量料金 で構成されています。基本料金というのは必ずかかる費用です。
業者によってまちまちですが、だいたい1,500円から2,000円くらいの料金設定にしているところが多いですね。

 

いっぽう従量料金というのは、ガスを使った量に応じて加算される料金です。
「 1m³あたり○○○円 」 となっていて、これを 単価 ( 従量単価 ) といいます。つまり、

 

『 基本料金 』 と 『 単価 』 が安ければ、ガス代は安く済む、といえますね。

( ※ 「 m³ 」 は、立方メートル、立米 「 リュウベ ・ リュウベイ 」 と読みます。 )

 

 

 

プロパンガスの適正価格はいくら?

まずはじめに、
当サイトの考えるプロパンガスの適正価格をご紹介します。

戸建て : 280円 〜 350円
集合住宅 (アパート・マンション) : 350円 〜 420円

 

現在お使いのLPガス料金がこのくらいの価格帯に収まっていれば、
適正価格といえますので以降も安心してお使いいただけます。
しかし今のガス単価がこれ以上だった場合には、ガス会社の切替えを検討されると良いでしょう。

 

プロパンガスの料金表と地域別の最安価格はこちら

 

このあと計算方法をご紹介しますので、
ぜひあなたも請求書を見ながら、今お使いのプロパンガス単価を調べてみてください。
電卓さえあれば1分で計算できますので。

 

 

電卓を使って1分でデキる! LPGの従量単価のもとめ方

では、具体例をあげながら説明しますね。
サンプルは北関東の一戸建てにお住いの方ですが、こちらのお宅ではお風呂が灯油のため、
ガスを使うのはおもにキッチンだけとなっています。 (※なので使用量がとても少ないです。)

 

ちなみに、ある月の使用量は 2.2m³ で、ガス料金は 3,055円 でした。
ではここから単価 (※1m³ あたりの料金) を出していきましょう。
計算式はこうです。

 

 

ガス料金 = { 基本料金 + ( 単価 × 使用量 ) } × 1.05

( ※1.05は消費税です。現在は消費税率8%ですので、1.08で計算してください。 )

 

 

消費税を抜く

まずガス料金の 3,055円 から消費税を抜きます。

3055 ÷ 1.05 = 2,909円 (※電卓の 「 税抜 」 ボタンを押す。)

 

基本料金を引く

こちらのお宅では基本料金が 1,700円 となっていたので、
さらにこれを引きます。

2909 − 1700 = 1,209円

(※基本料金が分からない方は、とりあえず 1,800円 で計算してみてください。)

 

使用量で割る

これを使用量の 2.2m³ で割ると単価が出ます。

1209 ÷ 2.2 = 549,5

 

ということで、
こちらのお宅では、従量単価が 550円 に設定されていることが分かりました。

 

 

 

一戸建ての適正価格を 「 約300円 」 とすれば倍近い値段です。
引越してきてから数十年、ずっと同じガス会社をお使いということでしたから、
じわじわ〜っと料金の値上げを繰り返されてきたのでは? と想像できます。

 

お風呂にプロパンガスを使っていなかったので、使用量が少ないため、
あまり表面にはでてきませんが、戸建てで単価550円はあまり良心的なガス屋さんとは言えません。
もちろんこちらのお宅には、当サイトの提携ガス会社をご案内し、

 

基本料金 / 1,500円
従量単価 / 330円

でご契約されました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
あなたの家のガス料金は適正価格に収まっていましたか?
高かった・・・安いガス屋さんに変更したい!という方は、下記ページをご覧ください。
( 関連 : 安いガス会社を選ばないと、年間3万円もガス代を損する?

 

 

もっと料金の安いガス会社に変更したい・切り替えたい

一戸建て(持家)にお住まいの方はこちらをクリック

一戸建て(持家)にお住まいの方はこちら
料金保証や見守りサービス、キャッシュバック特典などがあります。

 

集合住宅(賃貸)にお住まいの方はこちらをクリック

集合住宅(賃貸)にお住まいの方はこちら
安いガス屋さんに変更するには、大家さんの同意が必要です。

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

つぎのページでは適正価格の簡易診断ができます。
単価を計算するのも面倒です・・・という方は、こちらの自動診断をご利用ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


このページの先頭へ戻る